女性

国内ならどこでも料金一律|ひかり電話はとってもお得

固定電話の今

オペレーター

メリットが少ない

かつて電話加入権は高い価格であるにも関わらず持っている人が大勢いました。しかし最近では携帯電話の普及や湖底電話であってもIP電話や光電話を利用できるインターネット回線が普及しているため固定電話を新規契約する人はほとんどいません。新規回線を契約する場合でも価格は下がりましたがそれでもまだ数万円します。そのため固定電話に高い初期費用を支払って契約するメリットはなくなっているのです。さらに毎月の基本料金も電話加入権の場合よりも光電話の方が安いのです。さらに通話料も光電話の場合はインターネット回線を使用しているため全国一律になっています。電話番号も固定電話と同じ番号が割り振られるため電話加入権を購入する価値がなくなっているのです。

災害時には強い

光電話の唯一のデメリットが停電時に利用できないことです。半面電話加入権の固定電話であれば、停電時にも通話をすることができるため災害時には強いメリットを持っています。災害時には携帯電話も利用できなくなる可能性が高いため連絡を取るためには固定電話が望ましいのですが、そのために高い加入権と毎月の利用料を支払う価値はやはりなくなっています。電話加入権は相続対象にもなりますが最近はその価値も低下しています。電話番号の消滅を防止する為には固定電話の方がメリットが高くなっています。光電話の場合には、一度解約すると電話番号を引き継ぐことができないなどのデメリットもあるのです。そのため企業などを中心に固定電話はまだ根強いのです。