女性

国内ならどこでも料金一律|ひかり電話はとってもお得

根強く残る通信手段

電話

現在の主流の通信とは

近年では携帯電話に加えてスマートフォンの普及もほぼ満杯状態となりつつあります。今や通信の主流はこの2つが占めていると言っても過言ではありません。では、昔からある固定電話が廃れてしまったかというと、決してそのようなことはありません。廃れない理由には、固定電話の特徴にあります。携帯電話とスマートフォンは無線によってやり取りする一方で、固定電話は有線です。実はこの有線は災害時に非常に役立ちます。携帯電話などでは混線してかかりにくくなるケースがありますが、有線ではスムーズに繋がるわけです。特に、大切な情報をやり取りする企業や行政では、災害時などもしものことを考えるとやはり固定電話の必要性は決して小さくはありません。

社会的信用を得られる通信

固定電話の需要があるのは決して企業や行政だけではありません。個人でも根強い人気があります。その理由の一つが社会的信用度です。固定電話を利用している人は定住者だという認識が強く残っています。それなりの信用を得ることができるわけです。特にその社会的信用度が必要となるのが、クレジット会社やローン会社です。不正利用を防ぐため審査を設けていますが、固定電話で申請されてると通過しやすくなると言われています。そのまま定住者だと判断できるからです。また仕事をしている人のなかにはFAXを利用する人もいます。このFAXもネットや携帯電話などでは送信できないのです。固定電話が必要となるため、このニーズが消えることはありません。